銘柄に限らず、色々な飲み方が楽しめるのも焼酎の魅力です。
ストレートやロック、お湯割りなど、季節や料理に合わせて、
または、そのときの気分に応じて、お好みの飲み方で焼酎
をお楽しみ下さい。

 

①お湯割り
焼酎と言えばお湯割りと言われるほどポピュラーな飲み方。まろやか
で、甘味、香りが引き立つ。焼酎の旨味を存分に味わい下さい。
大切なのはお湯の温度、80℃前後のお湯を器に注ぎ、焼酎をゆっく
りと、やさしく注ぎ入れる。出来上がりが40℃くらいがベスト。


②ロック

味わいの変化を時間軸で愉しむことが出来る飲み方。
ダラダラとゆっくり飲む方に。時間と共に変化する味わいを愉しん
でください、
グラスに氷を入れたら先ずはスプーン等でステアし、溶けた水を捨
てる。その後、氷にゆっくりと当てるように注げば出来上がり。

 

③水割り

静謐なバランスを愉しめる飲み方。
水割りを作るときは、焼酎を先に器に注ぎ、そこに水をゆっくりと足
していく。ステアはせず、自然と混ざるのを待つのがコツ。
氷が溶けてバランスが崩れるのが嫌な方は、氷なしで、冷たい水を注
いでも良い。作ったままのバランスをずっと愉しめます。

 

④生

所謂ストレート。焼酎の味わいをそのまま愉しめる飲み方。
その焼酎が持つ特徴をそのまま味わう事が出来ますが、アルコールが
強すぎる事も。その場合は、ほんの少しだけ水を足してみて下さい。
アルコールの刺激が和らぎ、香り,甘みなどが引き立ってきます。

 

⑤アレンジ

何時もと違う味を愉しみたいときはこれ。
①金魚 焼酎のロックに大葉と赤唐辛子を入れて飲む。唐辛子の辛み
が食欲をそそります。夏なら水割りに入れてもOK.
②河童 焼酎のロックに、キュウリスティックを入れて飲む。ちょっ
としたアクセントに
③ハイボール しっかりとしたボディの芋焼酎ならば、その個性を失
わず、爽やかな喉越しが愉しめる。
夏の暑い日に、ビールの代わりに一杯。